• さくらぴあ倶楽部
  • さくらぴあ物語
はつかいち文化ホール ウッドワンさくらぴあ【音楽・演劇・イベントを「見たい」方やホールや練習室を「借りたい」方のニーズにお応えする「さくらぴあ」】
HOME > はつかいち文化ホール ウッドワンさくらぴあTOP > 公演情報

イベント情報

【過去の公演】

さくらぴあ戯曲講座 公開リーディング 「戯曲を読んでしゃべる会」

さくらぴあ戯曲講座 公開リーディング 「戯曲を読んでしゃべる会」
開催日
2016年3月19日(土) 公開リーディング
開演時間
15:00~18:00(開場は15分前)
チケット等はございません。時間までに直接会場にお越しください。
会場
さくらぴあリハーサル室(1F)
料金
無料・どなたでもご参加できます
チケット発売日

さくらぴあ戯曲講座 公開リーディング

「戯曲を読んでしゃべる会」 

この会は、短編戯曲をリーディングし、 
感想や思いをざっくばらんにトークする会。

講師・ゲスト・お客様たちによるトークからは、
見えなかった戯曲の更なる魅力と裏側が見えてくる!
演劇を志している方も、文学や小説に興味がある方も
きっと楽しんでいただけることでしょう。

題材となる戯曲は、さくらぴあの戯曲講座の
受講生によるものです。

 

■講師/山田裕幸(やまだひろゆき)

劇作家、演出家、ユニークポイント主宰。1971年静岡県生まれ。
劇団の公演への書き下ろし作品の上演を中心に、韓国公演、フランス公演など海外での上演も行っている。作品は実際の事件や、日本の歴史をモチーフにしたものから、不条理劇、日韓共同制作まで幅広く書き下ろしており、最近では日本劇作家協会主催の月いちリーディングで数多くの戯曲のブラッシュアップに参加。
2006年より東京・板橋にアトリエセンティオを開設運営し拠点としてきたが、アトリエの閉鎖にともない、2015年より創作拠点を静岡県に移す。
2005年に『トリガー』にてテアトロ新人戯曲賞を受賞。


■ゲスト/角ひろみ(すみひろみ) 

兵庫県尼崎市出身。1995年「芝居屋坂道ストア」結成。関西を中心に東京公演なども行いつつ活動。2005年、解散。2006年より岡山市在住。2010年以降、主に劇作のみで活動。東京や関西や岡山などの多くのカンパニーに台本を書き下ろしている。

1999年 『あくびと風の威力』で第4回劇作家協会新人戯曲賞 佳作 北海道知事賞 受賞           2007年 『螢の光』で第4回近松門左衛門賞 受賞
2014年 『狭い家の鴨と蛇』で第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞
2014年 『囁谷シルバー男声合唱団』で第59回岸田國士戯曲賞 最終候補
2015年 第16回岡山芸術文化賞 準グランプリ 受賞

<作風>独自のリズムの詩的且つ自然な会話体で、ある時はシニカルに、ある時はユーモラスに、ある時はエロティックに、日常と生の不条理を描く。台詞に方言を用いた作品も多く、日常語の豊かさを劇言語に昇華させ、方言と物語の親和性を高めた筆致で、現代人の悲喜劇を紡ぎ出す。
 

 

 

 ≪受講生/「タイトル」≫
太田朋芳/「まんまるまるごと(仮)」

岡田敬弘/「愛のアレゴリー」

北風裕美/「CASE1」

木村聡/「家出」

はまの省蔵/「髪飾り」

B.レイジ/「ステージⅣ(仮)」

 ≪リーディング俳優≫ 久保幸路、古原史麗、武田宣裕、田所敏弘、原島絵梨佳、鍋島志織 ほか

 

■お問合せ
はつかいち文化ホールさくらぴあ
〒738-8509 廿日市市下平良1-11-1
TEL 0829-20-0111  FAX 0829-32-7160
E-mail sakurapia@hatsukaichi-csa.com

さくらぴあ戯曲講座 公開リーディング 「戯曲を読んでしゃべる会」 講師 : 山田裕幸(やまだひろゆき) さくらぴあ戯曲講座 公開リーディング 「戯曲を読んでしゃべる会」 ゲスト : 角 ひろみ (すみ ひろみ)

プレイガイド

■主催/(公財)廿日市市文化スポーツ振興事業団
■協力/(一社)日本劇作家協会 廿日市市教育委員会

一覧に戻る

FM廿日市 バナー広告募集中!
バナー広告を掲載希望の方はこちら さくらぴあTOP
FacebookPage Twitter

scroll up