• さくらぴあ倶楽部
  • さくらぴあ物語
はつかいち文化ホール ウッドワンさくらぴあ【音楽・演劇・イベントを「見たい」方やホールや練習室を「借りたい」方のニーズにお応えする「さくらぴあ」】
HOME > はつかいち文化ホール ウッドワンさくらぴあTOP > 公演情報

イベント情報

【過去の公演】

レ・フレール with オーケストラ・アンサンブル金沢 シンフォニックツアー2017

レ・フレール with オーケストラ・アンサンブル金沢 シンフォニックツアー2017
開催日
2017年2月12日(日)
開演時間
14:00開演(13:30開場)
会場
大ホール
料金
全席指定(税込) 
一般 5,000円 
25才以下 2,500円(さくらぴあ事務室のみ取扱 要年齢証明書)

※未就学児の入場はご遠慮ください。
チケット発売日
会員10/30(日)・一般11/ 6(日)

チケット購入はこちら

ジャンルにとらわれない独創的な楽曲で世界を熱狂させているピアノデュオ、レ・フレール

金沢を拠点に国内外で活動する人気楽団オーケストラ・アンサンブル金沢

奇跡の共演!

 【出演】

レ・フレール(ピアノ・デュオ 斎藤守也・斎藤圭土)
鈴木織衛(指揮 オーケストラ・アンサンブル金沢専任指揮者)
オーケストラ・アンサンブル金沢(管弦楽)
 

【演奏曲目(予定)】

Prologue
Boogie Back to YOKOSUKA
シャクナンガンビ
CROSS 第2番
For Kids'
Un Passage
Presage
マスカラード
Club IKSPIARI

ほか
※都合により内容に変更が生じる場合がございます。

レ・フレール  プロフィール

2002年9月3日に結成。
「レ・フレール」とは、フランス語で兄弟の意。繊細で多彩なアレンジングを持ち味とする職人肌の兄・斎藤守也(さいとうもりや)と、大胆で変幻自在の即興プレイを持ち味とする弟・圭土(さいとうけいと)によるピアノユニット。 出身地は横須賀。二人が創り上げた独自の「キャトルマンスタイル※」は、音楽の新しいジャンルを生み出そうとしている。ライブ感を大切にしてきた二人の情熱が詰まったデビューアルバム「ピアノ・ブレイカー」。そのテクニックは言うまでもなく、卓越したリズム感、表現力は心地よい攻めの姿勢をミュージックシーンに放つ!!! そんな二人が作曲、演奏の中で最も重視しているのは「和」。「調和」であり、「協和」であり、「響和」とも呼べる。響きあう鍵盤から生まれる一つの波動となって、聴く者の心、そして魂を揺さぶる。1台のピアノを2人で自在にダイナミックに操る独自のプレイスタイルは、これまでの「ピアノ観」を覆す。「ピアノが歌い、踊りだす・・・」そんなことばがぴったりな熱いサウンドは、子供からあらゆる年齢層まで楽しめるソウルフルな空間を創り続けている。

オーケストラ・アンサンブル金沢  プロフィール

1988年、世界的指揮者、岩城宏之が創設音楽監督(永久名誉音楽監督)を務め、多くの外国人を含む40名からなる日本最初のプロの室内オーケストラとして石川県と金沢市が設立。
2001年金沢駅前に開館した石川県立音楽堂を本拠地とし、20回の定期公演や、北陸、東京、大阪、名古屋での定期公演など年間約110公演を行っている。ヨーロッパ、オーストラリア、アジアを含む海外公演も多い。
設立時よりコンポーザー・イン・レジデンス制を実施し、多くの委嘱作品を初演、CD化している。
その他、ジュニア・オーケストラの指導、学生オーケストラの指導と共演、邦楽との共同制作事業など、子供たちの育成・音楽文化の普及活動にも積極的に取り組んでいる。60枚を超えるCDもリリース。2007年より、指揮者の井上道義を新音楽監督に迎え、新たな活動を展開。

レ・フレール with オーケストラ・アンサンブル金沢 シンフォニックツアー2017 レ・フレール レ・フレール with オーケストラ・アンサンブル金沢 シンフォニックツアー2017 オーケストラ・アンサンブル金沢

プレイガイド

チケットぴあ  ローソンチケット  エディオン広島本店  フジグランナタリー  はつかいち文化ホール ウッドワンさくらぴあ 

チケットぴあ Pコード:313-253
ローソンチケット Lコード:62516

主催: (公財)石川県音楽文化振興事業団、 (公財)廿日市市文化スポーツ振興事業団
   広島ホームテレビ
助成:平成28年度文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業
後援:廿日市市教育委員会、廿日市市国際交流協会

一覧に戻る

FM廿日市 バナー広告募集中!
バナー広告を掲載希望の方はこちら さくらぴあTOP
FacebookPage Twitter

scroll up