• さくらぴあ倶楽部
  • さくらぴあ物語
はつかいち文化ホール ウッドワンさくらぴあ【音楽・演劇・イベントを「見たい」方やホールや練習室を「借りたい」方のニーズにお応えする「さくらぴあ」】
HOME > はつかいち文化ホール ウッドワンさくらぴあTOP > 公演情報

イベント情報

【過去の公演】

平成28年度廿日市市文化協会文化的行事 講演会と映画~磯田道史~「殿、利息でござる!」

平成28年度廿日市市文化協会文化的行事 講演会と映画~磯田道史~「殿、利息でござる!」

©2016「殿、利息でござる!」制作委員会

開催日
2017年3月19日(日)
開演時間
13:30開演(13:00開場)
会場
大ホール
料金
全席自由(税込)1,800円[当日 2,000円]
※ポイント対象外、オンラインチケットでの販売はありません。
※さくらぴあ倶楽部会員300円引。(さくらぴあ事務室のみの取扱)
※未就学児の入場はご遠慮ください。
チケット発売日
2017年1月13日(金)

財政難のため民衆に重税を課す仙台藩。

破産と夜逃げが相次ぎ、さびれ果てた

町を救うべく立ち上がった庶民たちを

描いた、「無私の日本人」の作者・磯田道史さんの

講演会と映画『殿、利息でござる』の上映会を開催します。

講演を聴いてから映画を観れば、 

楽しめること間違いなし!

 

【スケジュール(予定)

●講演 13:30~「史実の映画化『殿、利息でござる!』の舞台裏」

●映画 14:50~『殿、利息でござる!』上映(終演 17:00予定)

 

 

平成28年度廿日市市文化協会文化的行事 講演会と映画~磯田道史~「殿、利息でござる!」 磯田 道史(プロフィール)

一九七〇年岡山市生まれ。慶應義塾大学大学院卒。博士(史学)。茨城大学助教授、静岡文化芸術大学教授などを経て、現在、国際日本文化研究センター准教授。著書に『武士の家計簿』(新潮新書、新潮ドキュメント賞受賞、2010年映画化)、『近世大名家臣団の社会構造』(文春学藝ライブラリー)、『殿様の通信簿』(新潮文庫)、『江戸の備忘録』(文春文庫)、『龍馬史』(文春文庫)、『日本人の叡智』(新潮新書)、『歴史の愉しみ方』(中公新書)、『歴史の読み解き方』(朝日新書)、『天災から日本史を読みなおす』(中公新書)など多数。『無私の日本人』(文春文庫)の一編「穀田屋十三郎」が2016年「殿、利息でござる!」として映画化された。

プレイガイド

エディオン広島本店  はつかいち文化ホール ウッドワンさくらぴあ 

プレイガイド:アルパーク天満屋

主催:廿日市市文化協会、(公財)廿日市市文化スポーツ振興事業団
後援:廿日市市、廿日市市教育委員会、廿日市市生涯学習推進本部、廿日市商工会議所、
   はつかいち観光協会、FMはつかいち76.1MHz、西広島タイムス

一覧に戻る

FM廿日市 バナー広告募集中!
バナー広告を掲載希望の方はこちら さくらぴあTOP
FacebookPage Twitter

scroll up