はつかいち美術ギャラリー[【展覧会・企画展を「見たい」方や、ギャラリーを「借りたい」方のニーズにお応えする「はつかいち美術ギャラリー」】
HOME > 美術ギャラリーTOP > 展覧会スケジュール

展覧会スケジュール

【工芸】

廿日市市制施行25周年記念・河井寛次郎記念館開館40周年記念 河井寛次郎の陶芸 -科学者の眼と詩人の心-

廿日市市制施行25周年記念・河井寛次郎記念館開館40周年記念 河井寛次郎の陶芸 -科学者の眼と詩人の心-

≪三色打薬扁壺≫ 昭和38(1963)年

開催日
2013年11月30日(土)〜2014年2月2日(日)
開館時間
10:00~18:00
展示会場
第1展示室第2展示室第3展示室
料金
一般700円(600円)、大学生600円、高校生以下無料
※( )内は前売料金、20名以上の団体料金、さくらぴあ倶楽部会員証、ちゅーピーくらぶ会員カードのいずれかご提示の方(1枚につき1名)
チケット発売日

 河井寛次郎は、近現代の陶芸界に大きな足跡を残した日本を代表する陶芸作家です。

 明治23(1890)年、島根県能義郡安来町(現:安来市)に生まれ、大正3(1914)年に東京高等工業学校窯業科を卒業後、京都市(立)陶磁器試験場に勤務し、作陶の技術、特に釉薬の研究などを行いました。そして大正9(1920)年頃には京都五条坂に「鐘溪窯」を築き、本格的に作陶活動を開始しました。寛次郎は当初、中国や朝鮮の古陶磁の研究を踏まえた高い技術による作品を制作していましたが、柳宗悦や濱田庄司と共に民藝運動に携わってからは、「用」を意識しながらも力強い作品を、そして晩年には個性的で自由奔放な作品を制作しました。

 本展では、ひたすら美を追求するため、重要無形文化財保持者(人間国宝)や文化勲章の推薦を断り、一陶工として生涯を終えた寛次郎陶芸の全貌を、その原点としての化学的な研究から生み出された作品から、寛次郎の哲学や人生観を表現した晩年の作品まで一堂に展示します。
 
 また、本年は、昭和12(1937)年に自らの設計により建築した住居兼工房を、寛次郎の没後に一般公開した河井寛次郎記念館が開館40周年となることから、本展はその記念展でもあります。館内には寛次郎によって制作あるいはデザインされた陶器や木彫作品、家具・調度類が展示してあり、寛次郎の世界観を今に伝えています。
 寛次郎は、中学の修学旅行で訪れた嚴島神社の神前で「自分は日本一の陶工になる」と誓ったといいます。そのゆかりの地廿日市市で開催する本展で、寛次郎がめざした陶芸の真髄を間近でご覧いただき、寛次郎の美の魅力を感じていただければと思います。
廿日市市制施行25周年記念・河井寛次郎記念館開館40周年記念 河井寛次郎の陶芸 -科学者の眼と詩人の心- ≪青瓷鱔血文桃注≫ 大正11(1922)年頃  廿日市市制施行25周年記念・河井寛次郎記念館開館40周年記念 河井寛次郎の陶芸 -科学者の眼と詩人の心- ≪辰砂刷毛目扁壺≫ 昭和12(1937)年
廿日市市制施行25周年記念・河井寛次郎記念館開館40周年記念 河井寛次郎の陶芸 -科学者の眼と詩人の心- ≪白地草花絵扁壺≫ 昭和14(1939)年 廿日市市制施行25周年記念・河井寛次郎記念館開館40周年記念 河井寛次郎の陶芸 -科学者の眼と詩人の心- ≪拓本「此世このまゝ大調和」≫ 昭和25(1950)年頃
廿日市市制施行25周年記念・河井寛次郎記念館開館40周年記念 河井寛次郎の陶芸 -科学者の眼と詩人の心- ≪木彫像≫ 昭和29(1954)年

関連イベント

◇記念講演会「河井寬次郎の陶芸」
講師:諸山正則氏(東京国立近代美術館主任研究員)
日時:12月7日(土)午後2時~午後3時30分
場所:廿日市市役所7階会議室
定員:70名(先着順) 申込不要・聴講無料

◇スペシャルギャラリートーク(寬次郎の孫である鷺氏による作品解説)
講師:鷺珠江氏(河井寬次郎記念館学芸員)
日時:
  ①平成25年11月30日(土)午前10時
  ②平成25年12月15日(日) 午後2時~
  ③平成26年1月19日(日) 午後2時~
場所:美術ギャラリー展示室内 申込不要、要観覧券

◇ギャラリートーク(当館学芸員による作品解説)
日時:
  ①平成25年12月21日(土) 午後2時~
  ②平成26年1月12日(日)  午後2時~
場所:美術ギャラリー展示室内 申込不要、要観覧券

◇茶話会「河井家のお茶会」
 寬次郎作の茶碗を使った、寬次郎が愛した茶菓子、お茶で河井家のお茶会を再現。
 鷺珠江氏(寬次郎の孫)の寬次郎秘話とともにお楽しみください。
日時:
  ①平成25年12月14日(土) 午後1時~
  ②平成25年12月14日(土) 午後3時30分~
  ③平成25年12月15日(日) 午前10時30分~
  ④平成26年1月18日(土)  午後1時~
  ⑤平成26年1月19日(日)  午前10時30分~
      所要時間は約90分です。
場所:廿日市市役所201会議室
定員:各回10名
料金:2,000円 
講師:鷺珠江氏(河井寬次郎記念館学芸員)
お申し込み方法:往復はがきで、はつかいち美術ギャラリーまでお申し込みください。
申込多数の場合は抽選とさせていただきます。
お申し込みは往復はがき「往信」に
 (1)参加希望回日時(第1希望)
 (2)参加希望回日時(第2希望)
 (3)お名前(フリガナ)
 (4)郵便番号・ご住所
 (5)電話番号をご記入ください。
往復はがき「返信」にはお申し込みされる方の郵便番号、ご住所、お名前をご記入ください。
往復はがき1枚で1名のお申し込みとなります。
申込締切:
  ①~③回11月20日(水)必着
  ④~⑤回12月25日(水)必着

◇寬次郎に挑戦!! 型で作る陶芸教室
日時:12月22日(日) 午後1時~3時
場所:はつかいち文化ホールさくらぴあ会議室
定員:8名 
参加費:1,000円
講師:宮島お砂焼き窯元 山根対厳堂 山根宏造氏
                 圭斎窯    川原圭二氏
申込み:はつかいち美術ギャラリーTEL0829-20-0222まで

プレイガイド

はつかいち美術ギャラリー 

ローソンチケット Lコード:68314

はつかいち美術ギャラリーでの前売券販売は、11月29日(金)までです。

関連資料

一覧に戻る

美術ギャラリーで「美術を鑑賞したい」

美術ギャラリーの「施設を借りたい」

FacebookPage Twitter

scroll up