はつかいち美術ギャラリー[【展覧会・企画展を「見たい」方や、ギャラリーを「借りたい」方のニーズにお応えする「はつかいち美術ギャラリー」】
HOME > 美術ギャラリーTOP > 展覧会スケジュール

展覧会スケジュール

【その他】

第18回平和美術展 「ミリキタニの猫」-ニューヨークで描き続けた不屈のアーティスト‐

第18回平和美術展 「ミリキタニの猫」-ニューヨークで描き続けた不屈のアーティスト‐

「猫と鯛」 リンダ・ハッテンドーフ蔵

開催日
2014年8月1日(金)〜2014年8月31日(日)
開館時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
※休館日:月曜日
展示会場
第1展示室第2展示室第3展示室
料金
無料
チケット発売日

新発見の墨絵 世界初公開も。 故郷広島初!回顧展

ジミー・ツトム・ミリキタニ(1920-2012)は、カリフォルニア州サクラメント生まれ、広島(五日市)育ちの日系アメリカ人です。18歳で渡米後、第2次世界大戦中のアメリカでツールレイク日系人強制収容所へ送られ、3年半を過ごしました。晩年にはニューヨークでホームレスとなりながらもアーティストとして生き、路上で作品を描いて売る生活を送る時期もあるなど、波乱に満ちた人生を送りました。

 2001年1月、映画監督のリンダ・ハッテンドーフとの出会いにより始まった撮影は、ドキュメンタリー映画「ミリキタニの猫」(2006年)として発表され、世界中の映画祭で各賞を多数受賞し、賞賛されました。最晩年、リンダ監督の助けを受けてケア付き老人ホームで暮らすことになったミリキタニは、2007年に広島平和記念式典に参列し、2012年にニューヨークで亡くなるまで絵を描き続けました。

 その映画を縁に発見された収容所時代に描かれた彼の作品は、2012-2013年にかけて東京藝術大学美術館、広島県立美術館など日本全国5会場を巡回した「尊厳の芸術展The Art of Ganman」にも展示されました。

 今回は、ウイングルーク博物館(アメリカワシントン州)の寄託作品30点をはじめ、世界初公開となる作品40点あまりをあわせて約70点の作品をご紹介します。

 ミリキタニは厳しい体験の中でも尊厳を失わず、不屈の精神をもって、猫や収容所、故郷広島の原爆、9.11テロなど描き続けました。これらの作品を通して、平和の大切さ、歴史の傷が個人に与える深い影響そして、彼を支えたアートの力について考える機会となることを願っています。

第18回平和美術展 「ミリキタニの猫」-ニューヨークで描き続けた不屈のアーティスト‐ 「母と子」 リンダ・ハッテンドーフ蔵 第18回平和美術展 「ミリキタニの猫」-ニューヨークで描き続けた不屈のアーティスト‐ 「虹色の魚と隠れ猫」 坂本穣治 GEORGE SAKAMOTO 蔵
第18回平和美術展 「ミリキタニの猫」-ニューヨークで描き続けた不屈のアーティスト‐ 「松にとまるタカ」(部分) 日野家蔵 第18回平和美術展 「ミリキタニの猫」-ニューヨークで描き続けた不屈のアーティスト‐ 「原爆ドーム」 リンダ・ハッテンドーフ蔵
第18回平和美術展 「ミリキタニの猫」-ニューヨークで描き続けた不屈のアーティスト‐ 「ツールレイク1」 リンダ・ハッテンドーフ蔵

関連イベント

映画「ミリキタニの猫」上映会(本編74分+特典映像)
◎8月2日(土) ①10:30~12:00 ②14:30~16:00
  場所:はつかいち文化ホールさくらぴあ大ホール
◎8月23日(土) ①10:30~12:00 ②14:30~16:00
  場所:廿日市市役所7階会議室(定員70名)

映画「ミリキタニの猫」プロデューサー
マサ・ヨシカワ氏トークイベント
◎8月2日(土)(1回)12:10~
  場所:はつかいち文化ホールさくらぴあ大ホール

プレイガイド

主催:廿日市市、(公財)廿日市市文化スポーツ振興事業団、はつかいち平和の祭典実行委員会
協力:ウイングルーク博物館(アメリカ)、立命館大学国際平和ミュージアム、広島市
特別協力:マサ・ヨシカワ(映画「ミリキタニの猫」プロデューサー)、坂本穣治
       リンダ・ハッテンドーフ(映画「ミリキタニの猫」監督)

関連資料

一覧に戻る

美術ギャラリーで「美術を鑑賞したい」

美術ギャラリーの「施設を借りたい」

FacebookPage Twitter

scroll up