はつかいち美術ギャラリー[【展覧会・企画展を「見たい」方や、ギャラリーを「借りたい」方のニーズにお応えする「はつかいち美術ギャラリー」】
HOME > 美術ギャラリーTOP > 展覧会スケジュール

展覧会スケジュール

【過去の展覧会】

はつかいち美術ギャラリー開館20周年記念事業 美の壺 暮らしと憧れ

はつかいち美術ギャラリー開館20周年記念事業 美の壺 暮らしと憧れ

ドーム スミレ文花器 写真提供:ベル・デ・ベル

開催日
2017年6月16日(金)〜7月23日(日)
開館時間
10:00~18:00
ただし、6月16日(金)は、オープニングジャズコンサートのため16:30開館
展示会場
第1展示室第2展示室第3展示室
料金
800円(700円)、大学生700円、高校生以下無料
※障害者手帳等をお持ちの方及び介助者は無料
 (  )内は前売り料金、20名以上の団体料金、さくらぴあ倶楽部会員証・ちゅーピー
くらぶ会員カード
チケット発売日
※前売券は、はつかいち美術ギャラリーで販売しています。(6月15日まで)

 はつかいち美術ギャラリーは本年開館20周年を迎えました。そして昨年、番組「美の壺」は放送10周年を迎えました。これまでに放送されたテーマは約400。各回、身の回りにある美しい物に焦点をあて、ジャズをBGMに洗練された映像で 鑑賞の「ツボ」を紹介するこの番組は、大人が気軽に愉しめる美術鑑賞マニュアルとして創り出されてきました。
本展覧会では、これまでに放送された4つのテーマ「昭和レトロの家」、「掌の菓子器 ボンボニエール」、「寄木細工」、「アールヌーヴォーのガラス」の中から、番組に取り上げられた逸品を中心に展示し、鑑賞の「ツボ」とともにご紹介します。特に今回は、廿日市市在住の「アールヌーヴォーのガラス」コレクターの秘蔵品を一堂に紹介する初めての機会でもあります。
私たちが「憧れ」の気持ちから突き動かされるものは何なのでしょうか。先人たちは、外国から流入する新しい文化や様式を「暮らし」の中に取り入れて来ました。「憧れ」-その甘酸っぱい豊かな感覚は、大袈裟にいうならば生きる原動力にも繋がっているのではないでしょうか。あの日テレビの画面越しに見た「美の壺」を、身近にご覧いただけるまたとない機会です。皆さまの日々の「暮らし」に、本展覧会での「憧れ」が一つのエッセンスとなり、心躍るひと時に繋がることを心から願っています。

 jazz orishige.jpg

glass.jpg

yosegi jitsuen.jpg

yosegi taiken.jpg

kouenkai.jpg

gallery talk.jpg

talk.jpg

 

korabo.jpg

 HBbinotubo0501.jpg

 



プレイガイド

チケットぴあ  ローソンチケット 

チケットぴあ Pコード:768-326
ローソンチケット Lコード:61844

主催:廿日市市・廿日市市教育委員会
   (公財)廿日市市文化スポーツ振興事業団・中国新聞社
後援:NHK広島放送局
企画協力:NHKエデュケーショナル 
特別協力:(公財)ギャラリーエークワッド
助成:(一財)自治総合センター

関連資料

一覧に戻る

美術ギャラリーで「美術を鑑賞したい」

美術ギャラリーの「施設を借りたい」

FacebookPage Twitter

scroll up