はつかいち美術ギャラリー[【展覧会・企画展を「見たい」方や、ギャラリーを「借りたい」方のニーズにお応えする「はつかいち美術ギャラリー」】
HOME > 美術ギャラリーTOP > 展覧会スケジュール

展覧会スケジュール

【日本画】

はつかいち美術ギャラリー開館20周年記念事業 新見美術館収蔵 華麗なる日本画コレクション

はつかいち美術ギャラリー開館20周年記念事業 新見美術館収蔵 華麗なる日本画コレクション

上村松園 《雪の富士》 1939年頃

開催日
2018年2月16日(金)〜3月25日(日)
開館時間
10:00~18:00(入館は17:30まで) 
展示会場
第1展示室第2展示室第3展示室
料金
700(600)円、高校生以下・障害者手帳等をお持ちの方及び介助者は無料
※( )内は大学生、前売り料金、20名以上の団体料金、さくらぴあ倶楽部会員証・ちゅーピーくらぶ会員証のいずれかご提示の方(1枚につき1名)
※前売券は、はつかいち美術ギャラリー(2月15日まで)、ローソンチケット(Lコード62960)、チケットぴあ (Pコード768-802)で販売しています
チケット発売日
発売中

はつかいち美術ギャラリーは今年度開館20周年を迎えました。これを記念しまして、「新見美術館収蔵 華麗なる日本画コレクション」を開催いたします。岡山県新見市の新見美術館は、県北初の本格的な美術館として1990年に開館しました。その収蔵作品は1,100点を超え、特に日本画コレクションは高く評価されています。円山応挙、長沢芦雪、富岡鉄斎、横山大観、竹内栖鳳ら歴史に名を刻む巨匠から、上村松園、鏑木清方、伊藤小坡らの美人画、福田平八郎、堂本印象、山口華楊ら戦前戦後に活躍した作家、また広島ゆかりの金島桂華、児玉希望、丸木位里、奥田元宋、平山郁夫らに至るまで、同館が所蔵する日本画コレクションの中から約60点を展示し、近現代日本画の流れを紹介します。

はつかいち美術ギャラリー開館20周年記念事業 新見美術館収蔵 華麗なる日本画コレクション 伊藤小坡 《観楓美人》 1935年頃 はつかいち美術ギャラリー開館20周年記念事業 新見美術館収蔵 華麗なる日本画コレクション 橋本関雪 《朝》 1934年頃
はつかいち美術ギャラリー開館20周年記念事業 新見美術館収蔵 華麗なる日本画コレクション 竹内栖鳳 《富嶽》 1927年頃 はつかいち美術ギャラリー開館20周年記念事業 新見美術館収蔵 華麗なる日本画コレクション 竹内栖鳳 《雄風》1937年 新見美術館寄託
はつかいち美術ギャラリー開館20周年記念事業 新見美術館収蔵 華麗なる日本画コレクション 円山応挙 《鍾馗図》(部分) 1786年

関連イベント

①オープニングギャラリートーク
2月16日(金) 10:00~
講師: 藤井茂樹氏(新見美術館学芸員)
※展示室内で行います。申込み不要、要観覧券
②ワークショップ「うちわに描く日本画」
初心者から経験者までレベルに合わせて描き
うちわを完成させます。
3月18日(日) 13:00~16:00
廿日市市役所7階会議室
講 師:古賀くらら氏
     (広島市立大学芸術学部日本画研究室非常勤助教)
参加費:1,500円 対 象:小学3年生以上
定 員:16名   
申込み:0829-20-0222 はつかいち美術ギャラリー
③担当学芸員によるギャラリートーク
2月25日(日)・3月11日(日) ・3月24日(土)
いずれも14:00~
※展示室内で行います。申込み不要、要観覧券

プレイガイド

チケットぴあ  ローソンチケット  はつかいち美術ギャラリー 

チケットぴあ Pコード:768-802
ローソンチケット Lコード:62960

関連資料

一覧に戻る

美術ギャラリーで「美術を鑑賞したい」

美術ギャラリーの「施設を借りたい」

FacebookPage Twitter

scroll up