はつかいち美術ギャラリー[【展覧会・企画展を「見たい」方や、ギャラリーを「借りたい」方のニーズにお応えする「はつかいち美術ギャラリー」】
HOME > 美術ギャラリーTOP > 展覧会スケジュール

展覧会スケジュール

【過去の展覧会】

廿日市市市制施行30周年記念 「木のまち はつかいち」

廿日市市市制施行30周年記念 「木のまち はつかいち」

伊東敏光《厳島》《懐妊厳島》2018年

開催日
2019年2月8日(金)〜2019年3月24日(日)
開館時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
展示会場
第1展示室第2展示室第3展示室
料金
観覧料:500円(400円)、大学生400円、高校生以下・障害者手帳等お持ちの方及び介助者は無料
※(  )内は前売り料金、20名以上の団体料金、さくらぴあ倶楽部会員証・ちゅーピーくらぶ会員カードのいずれかご提示の方(1枚につき1名)
チケット発売日
1月8日

 はつかいち美術ギャラリーでは、廿日市市市制施行30周年記念 「木のまち はつかいち」を開催いたします。歴史的には、宮島に寺社造営のために各地から宮大工など木の匠が招かれ、その技術が今に伝わる宮島細工(宮島ろくろ、宮島彫、しゃもじなど)に脈々と流れています。中国山地に豊富な森林資源があり、宮島の門前町として発展してきた廿日市が木材の集積地となり材料の入手が容易であったことも発展の基となりました。現在では、市内の木材港が西日本有数の木材専門港となり、周辺では製材業、住宅産業、家具関連産業が盛んです。また近年、けん玉の発祥の地として、けん玉ワールドカップを開催し、広く注目を集めています。本展覧会では資料や伝統工芸作品、現代美術作品や木のおもちゃなどを通して「木のまち はつかいち」をご紹介いたします。

廿日市市市制施行30周年記念 「木のまち はつかいち」 株式会社イワタ木工《MUGEN MUSOU GRAIN/WALNUT》 廿日市市市制施行30周年記念 「木のまち はつかいち」 波木井昇斎《茶筒》宮島歴史民俗資料館蔵
廿日市市市制施行30周年記念 「木のまち はつかいち」 青木聡子《廿日市山海図屏風扉 二曲一双》2013年 撮影:鹿田義彦 廿日市市市制施行30周年記念 「木のまち はつかいち」 佐藤満《肥松大盛器》


関連イベント

■オープニング・ギャリートーク
    日時:2月8日(木)10:00~10:30
場所:展示室内
※申込み不要・要観覧券

■はじめての木工体験教室
    木のパーツを組み立てる、簡単にできる木工体験です。
場所:展示室内
日時:2月17日(日)10:00~16:00(随時)
対象:幼児~小学生(未就学児は保護者同伴)
費用:300~700円(3種から選べます)
協力:廿日市市木材利用センター
※申込み不要(参加同伴保護者1名無料)
■けん玉教室
    日時:3月2日(土)11:00~12:00
場所:展示室内
対象:どなたでも
講師:砂原宏幸氏
※申込み不要・要観覧券

■宮島彫 製作実演 
    日時:3月9日(土)11:00~12:00
場所:展示室内
実演:広川和男氏 (宮島細工伝統工芸士)
    ※申込み不要・要観覧券

■宮島彫体験 
    日時:3月9日(土)13:30~15:00
場所:さくらぴあリハーサル室
対象:中学生以上
定員:10人(先着順) 費用:1,900円
講師:広川和男氏 (宮島細工伝統工芸士)
申込先:0829-20-0222(はつかいち美術ギャラリー)

プレイガイド

チケットぴあ  ローソンチケット  はつかいち美術ギャラリー 

チケットぴあ Pコード:769-495
ローソンチケット Lコード:62422

特設 遊べる木のおもちゃコーナー
木の玉プール、木馬、積み木、けん玉など
(日程により内容が変わることがあります)

関連資料

一覧に戻る

美術ギャラリーで「美術を鑑賞したい」

美術ギャラリーの「施設を借りたい」

FacebookPage Twitter

scroll up