はつかいち美術ギャラリー[【展覧会・企画展を「見たい」方や、ギャラリーを「借りたい」方のニーズにお応えする「はつかいち美術ギャラリー」】
HOME > 美術ギャラリーTOP > 収蔵品紹介

収蔵品紹介

はつかいち美術ギャラリーは小林千古など、地元ゆかりの作家の作品を中心に、約280点を収蔵しています。
ここでは、収蔵する作品をピックアップしてご紹介します。
また、年に1回程度収蔵作品展を開催し、所蔵品を公開しています。

小林千古『パッション』(1901年)

パッションとは、ひとつにはキリストの受難(処刑)を表し、多くの画家達も、それぞれの感性や解釈でこのテーマを描いています。
千古の作品では、矢で胸を射抜かれた青年と、それを背後から支える男性、そして、倒れるように座り込む弓を持った女性が描かれています。

中島千波『瀬戸内春秋』(1996年)

この作品は、文化ホールさくらぴあの大ホールの緞帳(どんちょう)原画として描かれました。
雄大な桜の作品で有名な、日本画家中島千波先生による作品です。
この原画は、文化ホールさくらぴあの大ホールホワイエに飾られています。

美術ギャラリーで「美術を鑑賞したい」

美術ギャラリーの「施設を借りたい」

FacebookPage Twitter

【お問い合せは】はつかいち美術ギャラリー TEL:0829-20-0222 FAX:0829-31-5108 MAIL:gallerry@hatsukaichi-csa.net

scroll up