公益財団法人 廿日市市芸術文化振興事業団│とりふね舞踏舎『SAI-サイ』廿日市公演

ウッドワンさくらぴあ
0829-20-0111
はつかいち美術ギャラリー
0829-20-0222
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌平日)

公演詳細

とりふね舞踏舎『SAI-サイ』廿日市公演
開催日
2022年09月16日(金)
開演時間
18:30 (開場 17:45)
会場
ウッドワンさくらぴあ 大ホール
料金

全席自由(税込) 当日500円増
一般3,000円、24歳以下2,000円

※さくらぴあ倶楽部は2枚まで500円引き
※未就学児の入場不可

チケット発売日
6月10日(金)

舞踏家三上賀代主宰とりふね舞踏舎渾身の一作。

とりふね舞踏舎は、三上賀代の「土方巽暗黒舞踏論」(お茶の水女子大学修士・博士論文)を基に、作家・三上宥起夫によって1991年に結成された。
本作は2012年に初演。 ‘11年に発生した未曽有の東日本大震災と戦後日本の復興に想を得て作舞され、とりふね舞踏舎の最高作のひとつと評される。

出演・スタッフ等

出演:三上賀代、小川あつ子、沢田樹里、平井紫乃、五月女侑季 ほし☆さぶろう、佐藤雄司、正覚居士、鐡羅佑、内山日奈加、高橋芙実 坂本博美 他。

ゲスト=若林淳、賛助出演=ヒスロム

〈スタッフ〉
構成・演出・振付:三上宥起夫
音楽:J・A・シーザー、美術監督:小林芳雄
音響:新明就太、照明:(有)アンビル
衣裳デザイン:北上亜矢、染色:辛島廣子
衣装制作:湘南舞踏派、宣伝美術:NPO法人Butohpia
和ロゴ:山内清城、英ロゴ:榎本了壱
舞台監督:吉村聡裕

主催等

主催 :  NPO法人Butohpia
とりふね舞踏舎廿日市公演実行委員会
共催 : (公財)廿日市市芸術文化振興事業団
企画 : NPO法人Butohpia
制作 : とりふね舞踏舎
後援 : 廿日市市、廿日市市教育委員会、廿日市商工会議所、佐伯商工会、青少年育成廿日市市民会議、廿日市市文化協会、廿日市市国際交流協会、NPO法人廿日市市スポーツ協会、FMはつかいち76.1MHz、(一社)はつかいち観光協会
京都精華大学、(有)ケーブルスタジオ、(株)CEKAI